スポンサーサイト

Posted by gugusound on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作り方全部見せます☆(16chセパレートケーブル)

Posted by gugusound on 26.2011 オペレーターREPORT  2コメントする  0トラックバック
今日は16チャンネルマルチケーブルのセパレートケーブルの製作です。
基本的にケーブルメーカーのCANAREの既製品では150cmの先バラなんですが、
アナログ大型コンソールでも端から端まで届くように200cmの長さで
また、既製品ではITTキャノンが標準装備ですが、GUGUはPA業界に人気の
ノイトリック製のコネクターで作るオリジナル製品です。
非常に邪魔クサイ作業なので全部見せます。

さて今回の材料です☆
DSC03111.jpg
さて、製作のはじまりはじまり~
DSC03120.jpg
この16本のケーブルをこのコネクタに装着するんです。
DSC03124.jpg
一方ではキャノン付けに入ります。
DSC03122.jpg
マルチケーブルに装着するために1本、々仕込みます
DSC03128.jpg
はい。全部やります。
DSC03134.jpg
そして、キャノン側もどんどん接着です。
DSC03136.jpg
ふぅ~とりあえず、仕込みの完成です・・・
DSC03137.jpg
それでは、1本々マルチコネクターに取り付けていきます
間違えると大変な事になるので慎重に。。。
DSC03140.jpg
まだまだ続きます・・・
DSC03143.jpg
そして、すべてのアースをまとめて19番pinに送ります。
これが慣れないとノイズが出る原因になったりします。
DSC03146.jpg
そして内部配線の終了です。
DSC03149.jpg
あとちょこちょこっと内部処理をして最終的にケースに収納です。
このマイナスネジもとってもクセがありまして・・・大変です。
DSC03150.jpg
そして全ての回路をチェックした上で、Ch番号を貼っていきます。
DSC03151.jpg
出来上りぃ~☆
今回は好みが真っ二つに分かれるので
NEUTRIKのNC3MXX(シルバー)NC3MXX-B(ブラック)の
色違いで2本の16chインプット側マルチセパレートケーブルの製作でした。
写真でもお判りのように、コネクターの色や形状は指定して頂けます。
DSC03155.jpg
関連記事

▶ Comment

こちらのページで勉強させて頂いております。

この記事を見て16チャンネル先バラ自作にチャレンジしてみようと思うのですが
ここで使われているカナレのケーブルの型番は何になるのでしょう?

L4E5Cだとアースのグリーンケーブルが無いようなので何を使えばいいのかと。。
もしお時間あるときにお教え頂ければ嬉しいです。
2014.08.03 23:11 | URL | わたなべ #JyN/eAqk [edit]
L4E5Cですよ
アースを19番にまとめるに際して
元々のアースの網の状態だと集めにくいし
網だとどこにショートするかわかんないのでリード線を用いてアースまとめ用として
緑の線を画像のように仕込んでいるわけです。
このお返事でわかりましたか?
2014.08.04 00:43 | URL | GUGU SOUND SYSTEM #JyN/eAqk [edit]

▶ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

▶ Trackback

trackbackURL:http://gugusound.blog74.fc2.com/tb.php/38-745e6e2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。